ガイドライン

オゾンちゃんの使用に関して

施行・・・2019年9月27日

変更・・・2021年1月24日

権利の所在

著作権・・・地球大気積極活用研究会

著作者人格権・・・原案は酸原珠三(当研究会代表)、清書は 清水唯叶様だが著作権譲渡契約の時に酸原珠三および第三者に対して行使しないとの確約をされました。

ガイドラインの前に

 このオゾンちゃんの使用に関するガイドラインはあなた方に「自分の頭で考えることの大切さを伝えたい」という思いで作られました。

 次のことを考えながらガイドラインをお読みください。

著作権について・・・著作権とは何か。著作権の歴史。著作権が及ぶ範囲はどこなのか。著作権によって産業や文化が悪影響を受けていないか。海外と比較するとどうなのか。

二次創作等について・・・日本と海外の二次創作の歴史、コスプレの歴史、インターネット普及前後での変化。二次創作・コスプレの意義。

犯罪と刑罰について・・・刑罰の本質。国家とは何か。犯罪とは何か。日本の法令における罰則の位置づけ。親告罪とは。日本と海外の親告罪制度。

嘘について・・・なぜ嘘をつくのか。どのような嘘がどのくらい他人に損害を当てるのか。嘘をついて死刑になる国はどこか。

 これらを踏まえ、あなたは、国家・社会・版元やユーザー、そして創作の文化の発展のためにどのような著作権法の在り方が望ましいと考えますか?

ガイドライン

以下に該当する者が、オゾンちゃんの二次創作やコスプレをして著作権法上の権利に抵触した場合、可能な限りの刑事的な処罰を求め、民事的な措置をとる。

(1)オゾン層破壊物質を密造したり密輸したりした犯罪者。

(2)ある人が(1)に該当すると権利者に偽りを述べた者。

課題

 このガイドラインを読み、以下について自分なりにまとめてみましょう。

(1) このガイドライン「のみ」から論理的に導き出されることは何でしょうか。箇条書きでいくつか書いてみましょう。

(2) 代表は、ファンに対して、オゾンちゃんの二次創作やコスプレについてどうしてほしいと考えているのでしょうか。あなたの知識や経験も踏まえて考え、1行程度で書いてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました