ミッションのアプローチを変更しました

 当研究会でのミッションのアプローチから「液体燃料(石油、石炭液化燃料、バイオ燃料等)の活用、内燃機関(自動車エンジン、航空機エンジン等)の活用」を削り、「有機物の好気的分解におけるバクテリアの活用(空気中の酸素を利用して汚れを分解する)」を加えました。

https://5e18kg.com/about/about/

 コロナ禍により、自動運転やロボットの普及が急がれる一方で、「火」の制御が著しく困難であり、最終エネルギー消費を「電気」や「光」にすることが必須であると判断しました。また、人類と細菌・ウイルスの共生が今後の課題となるとして、活用例として汚れの分解に空気と微生物を使うということを挙げました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました