当研究会と産業

 当研究会は、「身近でありながら無限の可能性がある地球大気が積極的に活用されるようになり、よって、地球大気中に住む人類誰もが豊かな生活を送れるようにすること」を目指しています。そのため、以下のようなものを生産する産業との親和性は高いでしょう。

・最終エネルギー消費に用いられる液体燃料(ガソリン、灯油、石炭液化燃料など。大気の圧力で液体状態を保てるため。)

・航空機および航空輸送

・下着

 

 一方で、以下のようなものを生産する産業とは競合するでしょう。

・最終エネルギー消費に用いられる気体燃料(発電用を除く都市ガス・LPGなど。大気の圧力で封じ込めないため。)

・船舶および船舶輸送

・水着

・プール

・温泉(ヒトが湯船に入らないものを除く)

 上記に関して時には批判することもあり、関係者の方によっては不快に感じる可能性がございますが、そのことはご了承ください。

※同様の内容を「サイトご利用にあたって」にも掲載しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました